このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

天照大御神

May 25th, 2020
三重県伊勢市にある伊勢神宮の祭神として知られる天照大御神は高天原を統べる主宰神で、皇祖神とされる神で全国各地で祀られています。
史料によって解釈が異なる場合があります。
史料によって解釈が異なる場合があります。

基本の情報

天照大御神

天照大御神は高天原を統べる主宰神で、伊邪那岐命が生んだ神の中で最も尊いとされる三神、三貴子の一柱です。三重県伊勢市にある伊勢神宮の祭神として知られ、皇祖神とされる神で全国各地で祀られています。

神名
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
別名
天照大神(あまてらすおおみかみ)
大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ)
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
神祇
天津神
性別
女神

日本神話

三貴子

黄泉国から逃げ帰った伊邪那岐命は黄泉の穢れを落とすため阿波岐原(あはきはら)で禊を行いました。伊邪那岐命は川に潜って水を浴び、穢れを落とすと多くの神々が生まれ、最後に伊邪那岐命が左目を洗うと天照大御神が、右目を洗うと月読命が、鼻を洗うと須佐之男命が生まれました。伊邪那岐命は最後に三柱の貴い子が得られたことを喜び、天照大御神には高天原、月読命には夜の食国(よるのおすくに)、須佐之男命には海原を治めるように言いました。また、この三神を総称して三貴子(みはしらのうずのみこ)と呼びます。

ところが須佐之男命は泣き叫び、母神の伊邪那美命がいる根之堅洲国(ねのかたすくに)へ行きたいと言ったため、怒った伊邪那岐命に追放されました。

天照大御神と須佐之男命の誓約

追放された須佐之男命は最後に姉の天照大御神に会ってから根之堅洲国へ行こうと思い、高天原へ昇ります。すると山や川が荒れ、大地が震えたので、天照大御神は須佐之男命が高天原に侵攻してきたと思い、武装して迎えます。須佐之男命は疑いを晴らすために誓約(うけい)をしようと提案しました。

まず天照大御神が須佐之男命の十拳剣(とつかのつるぎ)を天真名井(あめのまない)の水ですすいで噛み砕き、吹き出した息の霧から三柱の女神、宗像三女神が生まれました。続いて須佐之男命が天照大御神の勾玉を天真名井の水ですすいで噛み砕き、吹き出した息の霧からに天忍穗耳尊、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、熊野櫲樟日命の五柱の男神が生まれました。 須佐之男命は自らの十拳剣から生まれたのが穏やかな女神だったことから潔白が証明され、自分の勝ちだと言います。

岩戸隠れ

須佐之男命は高天原に入ることを許されましたが、勝ちに乗じて田を荒らし、畔を埋め、御殿に屎をまき散らすなどの狼藉を働きました。神々は天照大御神に苦情を言いますが、天照大御神は咎めず須佐之男命を庇います。しかし、天照大御神が機屋で神御衣(かむみそ)を織らせていたとき、須佐之男命は機屋の屋根に穴をあけて、皮を剥いだ馬を落とし入れ、この混乱で一人の服織女に梭が刺さって死んでしまいました。

天照大御神はこれに心を痛め、天岩戸(あまのいわと)と呼ばれる洞窟に閉じこもってしまいます。太陽神である天照大御神を失った高天原と葦原中国は闇に包まれ、神々は騒めき、あらゆる災いが起こりました。困った八百万の神々は天の安河(あめのやすかわ)の川原に集まり、対応を相談しました。

思金神の案によりさまざまな儀式が行われます。常世の長鳴鳥を鳴かせ、天津麻羅と伊斯許理度売命に八尺鏡(やたのかがみ)を、玉祖命に八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を作らせました。天児屋命と布刀玉命に雄鹿の肩の骨と波波架の木で占いをさせ、根ごと掘り起こした榊の枝に八尺瓊勾玉と八尺鏡と布帛をかけて天児屋命が祝詞(のりと)を唱えます。

そして天宇受賣命が天岩戸の前で桶を伏せて踏み鳴らし、きわどい格好で懸命に舞い歌い、八百万の神々が高天原が鳴り轟くように笑いました。

これを聞いた天照大御神は怪しんで岩戸をわずかに開け、なぜ自分が岩戸に篭って闇になっているのになぜ天宇受賣命は楽しそうに舞い歌い、八百万の神々は笑っているのか問いました。すると天宇受賣命は、あなた様よりも高貴な神がおいでになったので皆喜び舞い歌っているのだと返しました。天児屋命と布刀玉命が八尺鏡を差し出し、鏡に映った自分の姿がその貴い神だと思った天照大御神がもっとよく見ようと岩戸をさらに開けました。

鏡をよく見ようと天照大御神が岩戸から少し出ると陰に隠れていた天手力男神がその手を取って引きずり出し、すかさず布刀玉命が注連縄を岩戸の入口に張って岩戸に再び入れないようにしました。すると天照大御神が岩戸から出たことで高天原と葦原中国は再び明るくなりました。

八百万の神々は事の発端になった須佐之男命に所有する品々を納めさせ、髭と手足の爪を切って高天原から追放しました。

国譲り

大国主神の国造りの後、天照大御神は葦原中国は自らの子である天忍穗耳尊が治めるべきであると考え、葦原中国へ降りるように命じましたが、天忍穗耳尊は天浮橋(あめのうきはし)から下を覗き、下界の物騒な様子を見て引き返します。代わりに使者を送ることにした高御産巣日神と天照大御神は天の安河の川原に八百万の神々を集め、どの神を葦原中国に派遣すべきか相談しました。

思金神と神々が相談した結果、天之菩卑能命を送ることにしました。ところが、天之菩卑能命は大国主の家来になってしまい高天原へ帰ってきませんでした。

再び八百万の神々と思金神は相談し、天若日子を送ることにしました。天若日子は天之麻迦古弓(あめのまかこゆみ)と天之羽々矢(あめのははや)を与えられて葦原中国へ送られましたが、大国主神の娘の下照比売と結婚したうえ、自らが葦原中国を治めようと企み、高天原へ帰ってきませんでした。

天照大御神と高御産巣日神は帰ってこない理由を尋ねさせるために雉名鳴女(きぎしのななきめ)を派遣しました。雉名鳴女が天若日子の家の前で理由を問うと、その鳴き声を聞いた下照比売は不吉な鳥だから射殺すように天若日子に勧め、天若日子は天之羽々矢で雉名鳴女を射抜きました。天之羽々矢はそのまま高天原の天照大御神と高御産巣日神のところまで届きました。血が付いた矢を手にした高御産巣日神は、天若日子が命に背いておらず、悪い神の射た矢が飛んで来たのであればこの矢は天若日子に当たらず、もし天若日子に邪心があればこの矢は当たると誓約をして矢を下界へ落としました。すると矢は天若日子に当たって天若日子は死んでしまいます。

八百万の神々と思金神は再び相談し、建御雷之男神を送ることにし、建御雷之男神を天鳥船神とともに葦原中国へ送りました。建御雷之男神と天鳥船神は出雲国へ降臨し、伊那佐之小浜(いなさのおはま)へ降り立った建御雷之男神は十掬剣(とつかのつるぎ)を逆さまに立て、その切先にあぐらをかいて座り、大国主神にこの国は我が子が治めるべきであると天照大御神は仰せられているがそれについてどう思うかと問いました。大国主神は息子の八重事代主神に尋ねるように言い、天鳥船神が鳥や魚を獲りに出かけていた八重事代主神が連れて戻ると建御雷之男神が国譲りを迫り、八重事代主神はあっさり服従しました。次に大国主神はもう一人の息子の建御名方神にも訊くよう言いました。その時やって来た建御名方神と建御雷之男神が力比べをした結果、建御名方神は建御雷之男神に一捻りにされて降伏し、建御雷之男神は葦原中国を平定しました。

天孫降臨

建御雷之男神が葦原中国を平定すると天照大御神と高御産巣日神は再び天忍穗耳尊に葦原中国へ降りて治めるように命じましたが、天忍穗耳尊は降りる準備をしている間に息子が生まれたので息子の邇邇藝命を降ろすのが良いと言ったので天照大御神と高御産巣日神は邇邇藝命に葦原中国を治めるように命じました。

邇邇藝命が葦原中国へ降りようとしていると高天原から葦原中国までを照らす神がいたので天照大御神と高御産巣日神は天宇受賣命にその神の元へ行って誰なのかを尋ねるよう命じました。するとその神は国津神の猿田毘古神で、邇邇芸命らの先導をしようと迎えに来たのだと言います。

邇邇藝命には天児屋命、布刀玉命、天宇受賣命、伊斯許理度売命、玉祖命の五伴緒(いつとものお)が従うことになり、さらに天照大御神は思金神、天手力男神、天石門別神にも従わせ、この鏡を自分の御魂だと思って祀るようにと三種の神器を授けました。

邇邇藝命は高天原を離れ、武装した天忍日命と天津久米命の先導のもと筑紫の日向の高千穂の久士布流多気(くじふるたけ)に降臨しました。邇邇藝命はこの地に宮殿を建て、住むことにしました。

史料によって解釈が異なる場合があります。
史料によって解釈が異なる場合があります。
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク