このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

香椎宮~その他

記事Mar.10th, 2021
訪れた神社の詳細についての備忘録。香椎宮は福岡市東区にある、仲哀天皇と神功皇后の二柱の夫婦神を祀る神社です。香椎宮のあれこれ。
訪れる時は公式の情報を確認してください。
訪れる時は公式の情報を確認してください。

勅祭社

古代から朝廷の崇敬が厚い神社には天皇の代理として御幣物を捧げ、御祭文を奏上する勅使が遣わされました。勅使を迎えて執り行う祭儀は勅祭と呼ばれます。

香椎宮が勅使を参向したもっとも古い記録は天平9年(737年)のもので、その後事あるごとに勅使が差遣されました。元応三年(1321年)からは一度の勅祭が中断されましたが、延享元年(1744年)に再興されてからは60年に一度の甲子の年に勅使が参向すると定められました。

勅祭社は定例的に勅使の差遣を受ける16社の神社です。勅使の差遣を受ける神社は古代から多くありましたが、制度として勅祭社の始まりは明治元年(1868年)に明治天皇が埼玉県の氷川神社を武蔵国の鎮守で勅祭の社と定めたことです。続いて東京周辺の12社を准勅祭社と定めましたが、この制度は明治3年(1870年)に一度廃止されます。そののち、明治16年(1883年)に新たに賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の葵祭と石清水八幡宮の石清水祭が勅祭と定められ、以降その数を増やしていきました。

香椎宮は大正13年(1924年)に勅祭社に定められました。以降は10年に一度の勅使を迎えて勅祭が執り行われていて、2015年までに記録が残っているもので108回の勅祭が斎行されています。

他の15社の勅祭社は以下の通りです。

  • 賀茂別雷神社(上賀茂神社)
  • 賀茂御祖神社(下賀茂神社)
  • 石清水八幡宮
  • 春日大社
  • 氷川神社
  • 熱田神宮
  • 出雲大社
  • 橿原神宮
  • 明治神宮
  • 宇佐神宮
  • 鹿島神宮
  • 香取神宮
  • 平安神宮
  • 近江神宮
  • 靖国神社

綾杉の傍らにある勅使館は勅祭の時に勅使一行が滞在するための場所です。

勅使館

また、香椎宮の境内には奈良時代に建てられたと推定される勅使参拝標石と呼ばれる5個の標石があり、勅使や太宰師の参拝儀式の順序場所を示しています。

“香椎”の地名

香椎宮やその周辺地域の名前である香椎の名前は香椎宮の古宮に今もある御神木の棺掛椎かんかけのしいに由来するという伝承が残されています。

この地で崩御した仲哀天皇の棺を前に神功皇后や武内宿禰らが御前会議をしたと伝えられ、仲哀天皇の死を秘匿したかった神功皇后が亡骸を入れた棺をこの椎の木に立て掛けると、香ばしい香りが漂い腐敗臭が消えたため、「香椎」となったのだと言われています。

棺掛椎
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク