このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

神仏習合の面影残る日光山(1)~道のりと神橋

記事Aug. 5th,2018
Jun. 13th,2018
神仏習合の面影が残る世界遺産「日光の社寺」を訪れます。
横画面での閲覧がおすすめです。
横画面での閲覧がおすすめです。

「日光の社寺」は日光山の東照宮、二荒山神社、輪王寺の「二社一寺」から構成される世界遺産です。103棟の建造物と周辺の文化的景観を合わせて1999年に文化遺産として認定されました。

江戸時代の一流の建築や工芸の技術のすべてを持って造営された徳川幕府の聖地である東照宮、古代以来の山岳信仰を伝える二荒山神社、日光を開山した勝道上人の創建で1200年の法灯を伝えてきた輪王寺の「二社一寺」ですが、明治時代の神仏分離まではこの「二社一寺」は「日光山」として神仏習合の信仰が行われていました。

神仏習合の面影が残る世界遺産「日光の社寺」を訪れます。

01

東京から電車で約3時間、東武日光駅に到着。
2018.6.13 栃木,日光市

02

今回は普通列車で訪れましたが、特急なら2時間ほどで着きます。
2018.6.13 栃木,日光市

03

東武日光駅前。平日ということもありそれほど人は多くありません。
2018.6.13 栃木,日光市

04

東武日光駅の駅舎。山小屋をイメージしたアルペン風の三角屋根が特徴的です。
2018.6.13 栃木,日光市

05

少し離れて駅舎を眺める。この駅舎は1979年に改築されたものです。
2018.6.13 栃木,日光市

06

世界遺産のまち、日光。
2018.6.13 栃木,日光市

07

日光の社寺へは駅前からバスが出ていますが、今回は徒歩で行くことにします。
2018.6.13 栃木,日光市

08

駅前から続く道は国道119号線です。お土産屋や飲食店が並びます。
2018.6.13 栃木,日光市

09

昔はこの道路を日光軌道線という路面電車が走っており、ケーブルカーに乗り換えることで明智平まで行くことができましたが、1968年に廃止されてしまいました。
2018.6.13 栃木,日光市

10

沿道には江戸時代から続く歴史ある店舗も見かけられます。
2018.6.13 栃木,日光市

11

日光市役所日光総合支所はもとはホテルとして1919年に15年もの歳月をかけられた建物です。結局ホテルとして使われることはありませんでしたが、1954年から市庁舎として使用されています。
2018.6.13 栃木,日光市

12

坂を上っていきます。日光の社寺はもうすぐです。
2018.6.13 栃木,日光市

13

坂の上に古い建物が見えてきます。日光物産商会本館です。
2018.6.13 栃木,日光市

14

日光物産商会はもとは日光金谷ホテルのお土産店として開業しました。1905年に建てられたこの建物は国の登録有形文化財にも指定されています。日光金谷ホテルはこの裏手にあります。
2018.6.13 栃木,日光市

15

日光物産商会の向かいにある磐裂霊水。日光開山の祖である勝道上人がこの地で清水を発見し、それ以来修験者が神仏に供えた霊水と伝えられています。
2018.6.13 栃木,日光市

16

日光山最初の名所で日光山の玄関口ともいえる神橋です。神橋はこの後訪れる二荒山神社の建物で世界遺産にも登録されています。
2018.6.13 栃木,日光市

17

766年、勝道上人一行は大谷川のほとりへたどり着きました。急流に阻まれて渡れずにいた時、神仏に加護を求めると深沙大王が現れて2匹の蛇を放ち、その蛇はたちまち川の対岸とを結び、さらに蛇の背中に山菅が生えて橋となり一行は大谷川を渡ることができたという伝説が残されています。現在のような朱塗りの橋になったのは1636年の東照宮寛永の大造替の時であり、1902年に洪水で流失した後1904年に再建されました。
2018.6.13 栃木,日光市

18

寛永の大造替で架け替えられた後は神橋は神聖な橋として神事や将軍、勅使、幣帛供進使などの参向の時のみ使用されるようになり一般の通行のために下流に別の橋、日光橋が架けられることになりました。現在の日光橋は自動車の通行が増えてきた1962年に架け替えられたものです。日光橋を渡ると世界遺産「日光の社寺」です。
2018.6.13 栃木,日光市

19

世界遺産「日光の社寺」の入り口です。
2018.6.13 栃木,日光市

20

各地の世界遺産でも見かける世界遺産登録記念碑はここにあります。
2018.6.13 栃木,日光市

21

そのまま階段を上がっていっても良いのですが横にある細い階段を上がっていきます。
2018.6.13 栃木,日光市

22

下に神橋が見えます。神橋は一般公開されていますが、反対側へ降りることはできません。
2018.6.13 栃木,日光市

23

立派な杉の森です。
2018.6.13 栃木,日光市

24

深沙王堂は神橋の伝説で勝道上人一行を助けた深沙大王を蛇王権現として祀っています。
2018.6.13 栃木,日光市

25

深沙王堂の前には太郎杉と呼ばれる杉が立っていてこのあたりで一番大きい杉とされています。
2018.6.13 栃木,日光市

26

深沙王堂と太郎杉。
2018.6.13 栃木,日光市

27

深沙王堂の前を過ぎると長坂という坂があります。この道が日光山の表参道です。
2018.6.13 栃木,日光市

28

杉の森の中の坂を上がっていきます。
2018.6.13 栃木,日光市

29

新緑が美しい季節です。
2018.6.13 栃木,日光市

30

何度か角を曲がるともうすぐ坂の頂上です。
2018.6.13 栃木,日光市

31

坂の途中には長さか滝という滝があります。
2018.6.13 栃木,日光市

32

道の脇を流れる小さな水の流れが滝となっています。
2018.6.13 栃木,日光市

33

静かな時間が流れます。最初の目的地である輪王寺はもうすぐです。
2018.6.13 栃木,日光市

いよいよ最初の目的地、輪王寺へ入っていきます。

一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク