このウェブサイトはご利用の端末での閲覧に対応していません。
This website does not support your device.

宗像三女神

May 25th, 2020
宗像三女神は多紀理毘売命、多岐都比売命、市寸島比売命の三柱の神の総称です。福岡県の宗像大社を総本宮として祀られ、厳島神社をはじめとして全国各地で祀られています。
史料によって解釈が異なる場合があります。
史料によって解釈が異なる場合があります。

基本の情報

宗像三女神

宗像三女神(むなかたさんじょしん)は多紀理毘売命、多岐都比売命、市寸島比売命の三柱の神の総称です。福岡県の宗像大社を総本宮として祀られ、厳島神社をはじめとして全国各地で祀られています。日本から大陸への交通の要衝に鎮座する玄界灘の神として古くから海上交通の守護神として信仰され、現在でもあらゆる道を導く神として厚く崇敬を受けています。

多紀理毘売命

多紀理毘売命は宗像三女神の一柱で、宗像大社では沖ノ島に鎮座する沖津宮で祀られています。

神名
多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)
別名
田心姫神(たごりひめのかみ)
奥津島比売命(おきつしまひめのみこと)
性別
女神

多岐都比売命

多岐都比売命は宗像三女神の一柱で、宗像大社では中津宮で祀られています。

神名
多岐都比売命(たぎつひめのみこと)
別名
湍津姫神(たぎつひめのかみ)
性別
女神

市寸島比売命

市寸島比売命は宗像三女神の一柱で、宗像大社では辺津宮で祀られています。

神名
市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)
別名
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
性別
女神

日本神話

天照大御神と須佐之男命の誓約

伊邪那岐命に海原を治めるように言われた須佐之男命は母神の伊邪那美命がいる根之堅洲国(ねのかたすくに)へ行きたいと言って泣き叫び、天地に甚大な被害を与えたため追放されました。須佐之男命は最後に姉の天照大御神に会ってから根之堅洲国へ行こうと思い、高天原へ昇ります。すると山や川が荒れ、大地が震えたので、天照大御神は須佐之男命が高天原に侵攻してきたと思い、武装して迎えます。須佐之男命は疑いを晴らすために誓約(うけい)をしようと提案しました。

まず天照大御神が須佐之男命の十拳剣(とつかのつるぎ)を天真名井(あめのまない)の水ですすいで噛み砕き、吹き出した息の霧から三柱の女神、宗像三女神が生まれました。続いて須佐之男命が天照大御神の勾玉を天真名井の水ですすいで噛み砕き、吹き出した息の霧からに天忍穗耳尊、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、熊野櫲樟日命の五柱の男神が生まれました。

須佐之男命は自らの十拳剣から生まれたのが穏やかな女神だったことから潔白が証明され、自分の勝ちだと言います。

天照大御神の神勅、玄海灘へ降臨

天照大御神は邇邇藝命の天孫降臨に際して宗像三女神に、あなたたち三神は道中(みちなか)に降臨して天孫(あめみま)を助け奉り、天孫の為に祭られるようにと神勅を授け、九州と大陸の間の海北道中(玄界灘)へ降臨させました。三神はそれぞれ沖ノ島、筑前大島、宗像田島へ降り立ち祀られるようになり、これが現在の宗像大社のはじまりとされます。

あれこれ

道主貴

荒海の玄界灘に祀られる宗像三女神は古来から航海安全の守護神として崇めらてきました。また、神功皇后が三韓征伐の際にこの地で航海の安全を祈り霊験があったと言われ、大陸との交通の要衝に祀られた三神は大和朝廷から重視されるようになります。

宗像三女神は“道主貴(みちぬしのむち)”とも称され、道を導く最も尊い神として篤い崇敬を受けました。“貴”とは最も高貴な神に贈られる尊称で他には伊勢神宮に祀られる天照大神の“大日靈貴”や出雲大社に祀られる大国主命の“大己貴”だけに見られ、いかに篤い信仰が捧げられたかを垣間見ることができます。

のちに道路交通が発達すると交通安全の神様としても信仰されるようになり、今ではあらゆる道を導く神様として広く信仰されています。

市寸島比売命と弁財天

平安時代から鎌倉時代ごろに神仏習合するにつれて市寸島比売命は仏教の神で弁財天の一神である弁財天と同一視されるようになりました。

もともと弁財天はヒンドゥー教の河の女神であるサラスヴァティーのことであり、水に係る美しい女神であるという共通点から同一視されるに至ったといわれます。各地に多くの弁天社がつくられましたが、明治の神仏分離では神道色の強かった弁天社の多くは神社になり、祭神を市寸島比売命に改めた神社も見られます。

弁財天と同一視されたことで財運や芸能の神様としても信仰されるようになりました。

宗像三女神と宗像氏

宗像三女神はもともとは宗像地方や玄界灘を支配していた宗像氏などの海洋豪族が古代から祀っていた土着神だったとされています。大和朝廷のある畿内から瀬戸内海を通り玄海灘から朝鮮半島を結ぶ海路は海北道中と呼ばれ、大陸との間の文化交流が盛んになるにつれてこの海路の途上にある宗像の地も重要性が増し、道中の安全を祈願する宗像三女神は4世紀ごろには古事記や日本書紀にも記される国家神として祀られるようになりました。

史料によって解釈が異なる場合があります。
史料によって解釈が異なる場合があります。
一番上へ
トップにもどる
シェアする
シェアする
Facebookでシェアする
ツイート
Google+でシェア
Pocket
はてなブックマーク